<< DORA麻雀の役「小三元」 & 映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」の感想 | main | DORA麻雀の役「混一色」 & 映画「ザ・ファイター」に関して >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.04.20 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    映画「橋の上の娘」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 123 $の勝ち

    0
      昨日はやばい雨だったな〜(。>0<。)ビェェン

      雨が降ったおかげで衣類が結構たまってもうたからな〜ε=ε=ε=┌(。・ρ・)┘[冷蔵庫]

      本日は洗濯だ川 ̄┏ー┓ ̄川ニヤリ
      プラスして心の洗浄もしないとね〜〜ヽ(´∞`)ノ アウアウ?

      --------------------

      ここ最近映画にハマっているのでオススメ映画の感想をご紹介したいと考えています!!( ̄ー+ ̄)

      え!?あんたのレビューではないの??
      なんてツッコミはスルーでo(゚▽゚o)(o゚▽゚)oニパニパッ


      今日は「橋の上の娘」の感想ですね!!!!"Ψ|`┏ω┓´|Ψ"ブヒャヒャ!!


      この映画が作られた年は1999年です!!

      監督はパトリス・ルコントで、脚本がセルジュ・フリードマンです!!わぁいヽ(ω・ヽ)(ノ・ω)ノ わぁい♪

      この映画でメインで出てくる人はヴァネッサ・パラディ (アデル)、ダニエル・オートゥイユ (ガボール)です!/(@゚ペ@)ウーン

      コントラストを利かした鮮烈なモノクロ映像、
      エキゾチックで官能的なメロディーなどなど、
      しかもあちらこちらに脳裡に焼きつくシーンを
      散りばめており、まるで海外の旅先で
      夢でも見ていたかのような90分だった。

      この映画は緊迫するナイフ投げのシーンが
      圧巻だが、むしろこのシーンを撮りたいが
      故に監督ルコントはこのモノクロ作品を
      作った感さえする。

      とくに、ゾクゾクさせる音楽と共に
      始まる“死の大車輪”が見る者を圧倒させてくれた。

      あのナイフの突き刺さる音といい、
      ヴァネッサ・パラディのエロティックさといい、
      シュールな純愛を描かせたら今現在この監督の右に
      出る者はいない。

      奇才ルコントの独特の世界観が味わえる異色ラブ・ストーリーの傑作で
      す。




      --------------------

      麻雀の役って一杯ありますよね〜。ワーイヾ(´ρ`)ノ゛ワーイ
      DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
      という事で、今回は三暗刻に焦点を当てたいと思います!!!:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*: ワーイ♪


      二ハン役。時折勘違いされるが無関係の面子を1つだけ鳴いても成り立つ。


      読んで字のごとく、暗刻(アンコ)(ポンしてない3枚組)または槓子(4枚組)を合わせて3つ集めると成立します役。

      上位役に四暗刻(すーあんこ)があり、これのツモ和了りを諦めてロンした時などで見る際が多い。

      難易度自体は高めで、単独で狙う時は少ない。

      なぜなら、三暗刻(サンアンコー)確定している状態から、あと1・2枚入るだけで四暗刻の聴牌に化けるのです。


      冒頭にも書いたが、一応は門前(めんぜん)でなくても成立します。

      鳴きがポン・明槓の際は対々和が複合することになりますが、
      手の中で3つの暗刻(アンコ)と雀頭を揃える必要があり、
      シャボ待ちの場合はツモらなければ成り立ちません。


      刻子が多いので、符の計算が平和系の手に比べて難しい。

      基本的には40符以上になるんですから、4翻あればマンガンに届く∠( ̄◇ ̄) アイアイサ-!!


      当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
      しっかり覚えておいて下さいね!!
      基本ですので・・・

      DORA麻雀の解説を見てみましょう



      ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

      三暗刻(出現割合:0.76%)
      暗刻を3つ用意する。対々和や役牌を狙おうと考え、他家が捨てるのを待っている間にできあがるというのが面白い役。基本的に対々和と絡むので、自然と手が満貫以上になりやすい。四暗刻テンパイの場合、ロンあがりでできるケースもかなり多い。とは言え比較的に狙いに行く役でも無いので手牌と相談しながら打ちまわそう。

      ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

      ・・・とこんな感じo( ̄ー ̄;)ゞううむ


      今から10時間後にはついに大学3回生の友だちとの麻雀だ。
      楽しみだΨ(*`Д´*)Ψグヘヘヘ!!



      おすすめ記事





      スポンサーサイト

      0
        • 2014.04.20 Sunday
        • -
        • 06:29
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM